あなたは知ってる?水道水に含まれる様々な成分

水道管は金属ですよね

ウォーターサーバーを選ぶ人の中には水道水の安全性に不安を抱いている事が理由の人も多いかと思われますが、水道水は浄水場から水道管を利用し、各家庭に供給が行われています。
水道管は金属であり、劣化などにより色々な不純物が水道水に混ざり蛇口から注がれるため、浄水器を取り付けて不純物を取り除こうと言う人も多くいます。
金属は劣化が進むと錆が生じ、錆が水に溶けだして蛇口から注がれるわけです。
錆が溶け込む量は微量なので身体には害はないと言われていますが、不純物が含まれていると言う不安からウォーターサーバーを選びたいと言う人が多いのです。
ミネラルウォーターの場合は、その都度お店で購入して持ち帰らなければなりませんが、ウォーターサーバーは宅配水を業者が届けてくれると言う便利さも人気の秘密です。

塩素は殺菌消毒のためです

水道の水はカルキ臭い、そのまま飲むと美味しくないと感じる人も多いようですが、カルキ臭さと言うのは水道水を殺菌消毒するための塩素が原因です。
コップ一杯の水には微量の塩素が含まれている、いわゆる不純物と言う形で認識する人も多くミネラルウォーターを購入する、ウォーターサーバーを導入すると言うきっかけにもなっています。
塩素を使う事で安全性の高い水道水になるのですが、塩素を水に溶けこませた時に有害物質の一つでもある、トリハロメタンと呼ばれている物質が生成されると言います。
この物質は発がん性物質、水道水を沸騰させると数倍の量になると言われているのですが、沸騰させる時間を10分程にすると蒸発すると言います。
そのまま飲む分には安全なのですが、お湯を沸かす場合にはこうした手間がかかるなどの理由からもお湯と冷水をいつでも給水出来るウォーターサーバーに人気が集まっているのですね。

水宅配は自宅玄関まで運んでくれるので、自分でわざわざ運ぶ必要がありません。重たいものなので、運んでもらえるのはとても助かります。

© Copyright Mineral Water Sounds. All Rights Reserved.